wiki

category

おすすめ依頼加工手順

材料手配は加工相談の後に

設計が終わり、製作図面が仕上がりました。できるだけ早く安く手元に現物がほしいですよね。
その前に加工相談に来てください。加工上の問題点を含むブラッシュアップができるのと、用意する加工材料を手配するのに、あなたが思っている材料サイズより形も大きさも違う物の方が、加工時間が半分以下になり経費が削減できる場合がケースとして多いです。


材料費の節約が依頼加工費の節約とお考えですか?

お待ちください。
Q:ぎりぎりの大きさの方が切削時間は少ないですか?
A: 加工には「段取り」と「手順」があります。例えば、そばを作るときに、こより状の物を作るのではなく、板状の物を切りますね。金属でも思いもよらない形から製作するほうが早い場合があります。
Q: 今ある手持ちの材料を使いたい場合はどうすればよいですか?
A: 問題ありません。ただし加工相談の時に打ち合わせいたしましょう。


加工機械が変わると必要な材料の大きさも変わります

加工するには材料を機械に固定しなければ
部品を加工する上で大事なことは、どうやって機械に固定するかです。
しっかり固定しなければ、加工の途中で加工物が動いてしまうのはもちろん、動かなくとも「ビビリ」といわれる加工物の振動なとが起こってしまい、精度良く加工できません。
また多数個加工の場合、一つずつ固定しなおすより大きな材料から同時に加工することで加工精度、加工時間ともに大きく向上できることが多いですし、私たちはできるだけそのような加工時間が短縮できる加工を準備しています。

トラックバック