ニュース

category

SSSRC 超小型人工衛星「ひろがり」フライトモデル

SSSRCで開発の超小型人工衛星「ひろがり」の構造精度計測を実施しています。
表面粗さを始め、各精度計測を測定器で計測します。
写真は筐体の幅計測を行なっているところです。
レニショーの計測プローブを使用して1/1000mm単位で正確に計測します。

計測中のこのモデルは、今年実際に宇宙に飛び立つ予定です。
皆様の応援よろしくお願いします。

トラックバック