ニュース

category

速報!!当センターが筐体製作、機構部品製作をした「ひろがり」が2021年上期に国際宇宙ステーションへ打ち上げ予定

阪府立大学小型宇宙機システム研究センター(センター長:小木曽 望、以降「小型宇宙機システム研究センター」)と室蘭工業大学(北海道室蘭市)航空宇宙機システム研究センター(センター長:内海 政春、以降「航空宇宙機システム研究センター」)は、新規展開構造物、アマチュア無線帯(VHF)での高速通信技術の軌道上での有用性を実証するために、超小型衛星「ひろがり」を共同開発しました。その計画段階、試作段階から本センターで部品製作を行なってきました。

「ひろがり」は現在、共同開発を終え、2021年上期にNASAワロップス飛行施設(アメリカ)から国際宇宙ステーションへの打ち上げに向け、安全審査の最終調整をしています。

打ち上げ後は、国際宇宙ステーションから「ひろがり」を宇宙空間に放出し、実証実験を実施します。

関連情報


トラックバック