センター紹介

生産技術センター長挨拶


2019年4月1日付けでセンター長に就任いたしました三村耕司と申します。
就任のご挨拶を含めて「工学域生産技術センター」のご紹介をさせて頂きます。

本年4月の旧法人・大阪府立大学、旧法人・大阪市立大学の統合による新法人「公立大学法人大阪」の発足に伴い、本学もさらなる発展と地域貢献が求められる中、生産技術センターは公立大学法人 大阪:大阪府立大学の「ものづくり」の拠点として、本学の教育と研究に貢献いたします。

センターの役割は大きく分けて,教育支援、研究支援、地域貢献の3つからなります。

まず教育支援では、工学域の5つの課程に加え、現代システム科学域マネジメント学類の学生諸君向けに「機械工作実習」を受け持っています。内容はCADと3Dプリンターを含むNC加工、切削加工、仕上げ加工、鋳造、溶接等、機械を用いた「ものづくり」に欠くことができない重要かつ基本的な技術の取得です。また、生命環境科学域分子科学課程の学生諸君向けに「ガラス実習」を担当しています。本センターにおけるガラス加工の技術は国内でも屈指のレベルです。これらに加え、本学の学生の皆さんの課外活動への支援も行っています。小型宇宙機システム研究センター、鳥人間コンテストで有名なウインドミルクラブ、学生フォーミュラ、ロボコンサークル、アメフト部、ヨット部などの活動支援をしています。

次に研究支援として、工学域・工学研究科を始めとして、理学系研究科、生命環境科学研究科等の教員や学生の皆さんが学術研究や卒業研究等で必要とされる、高度な装置や器具、試験体の製作をお受けしています。さらに、本センターの印刷部門では、テキスト等の印刷・製本を通して講義・実験・演習等を支援するとともに、学位論文の製本等も引き受けています。製作単価も適価に設定していますので是非ご利用ください。ただし繁忙期には多少お時間を頂くことがあります。

最後は、地域の皆さんへの貢献です。地域連携の一環として,テクノラボツアーでの工場見学を開催する見学を引き受けるとともに、学内セミナー等も開催しています。また、2015年度から夏休みに小学生を対象とした「3Dプリンター工作教室」を行い「ものづくり」の大切さと楽しさを若い世代に体験して頂いています。さらに、2018年度からは社会人向けの技術研修として短期集中インターンシップを開催しています。

以上、スタッフ一同、「ものづくり」を通した教育・研究への貢献に努めますので、皆様からの一層の御支援、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

生産技術センター長 三村 耕司

スタッフ紹介

 

氏 名 担 当
センター長 三村 耕司
実習主任 小木曽 望
技師長 渡辺 一功 ガラス加工 /NC / 溶接
技師 河野 慎二 NC / 機械加工 / 鋳造
技師 橋本 雅礼 印刷 / 鋳造
技師 庄村 満 旋削/ 放電
技師 田中 勝彦 NC / プレス / 溶接
技師 森  杏子 NC / 3Dプリンタ
技師 川本 美咲 NC / 3Dプリンタ
技師 山中 幸治 機械加工
技師 原田 典幸 機械加工/鋳造
技師 奥川 丈寿 機械加工

 

(2018年4月3日 撮影)