センター紹介

生産技術センター長挨拶

 平成27年4月にセンター長に就任致しました千葉正克と申します。

 「工学域生産技術センター」は大阪府立大学の「ものづくり」の拠点として、機械工作実習、依頼工作、テキスト等の印刷製本を中心に、本学における教育と研究を支援しています。本センターの役割は、大きく分けて以下の4つあります。

 1つ目は教育支援です。工学域の5つの課程と現代システム科学域マネジメント学類の学生の「機械工作実習」を担当しています。内容はCADと3Dプリンターを含むNC、切削、仕上げ、鋳造、溶接の5つです。これらは「ものづくり」に欠くことができない基本的な技術です。
 また、生命環境科学域分子科学課程の学生に対しては、「ガラス工作実習」を担当しています。本センターのガラス部門の技術は、国内でもトップレベルです。
 更に、テキスト等の印刷・製本を通して、講義・実験・演習等の支援を行っています。

 2つ目は、研究支援として、工学域・工学研究科はもとより、理学系研究科や生命環境科学研究科等に所属している教員や学生の皆さんから、共同研究や卒業研究等で必要となる機器の製作の依頼を受け付けています。

 3つ目は、学生の皆さんの課外活動への支援です。部品の製作や修理を通して、小型宇宙機システム研究センター、鳥人間コンテストで有名なウインドミルクラブ、学生フォーミュラ、ロボコンサークル、アメフト部、ヨット部などの活動を支援しています。

 4つ目は、地域の皆さんへの支援です。平成27年度から夏休みに小学生を対象とした「3Dプリンター工作教室」を行い、「ものづくり」の楽しさを体験していただいています。

 スタッフ一同、「ものづくり」の教育研究支援に協力致しますので、皆様のご支援ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

生産技術センター長 千葉 正克

スタッフ紹介

氏 名 担 当
センター長 千葉 正克
実習主任 金田 昌之
技師長 渡辺 一功 MC / ガラス加工 / 3Dプリンタ
技師 河野 慎二 NC / 機械加工 / 鋳造
技師 庄村 満 旋削加工 / 放電加工
技師 橋本 雅礼 印刷 / 鋳造
技師 尾崎 好範 溶接 / 機械加工
技師 田中 勝彦 NC / プレス / 3Dプリンタ
技師 福井 裕 NC / 3Dプリンタ
技師 山中 幸治 機械加工 / 鋳造
技師 渋谷 義秋 溶接
技師 川原 隆 機械加工

(2017年4月3日 撮影)

メンバー集合写真

(2016年8月30日 撮影)